Cart 0
main_web.jpg
 

透明になりながら、場所に重なっていく。

人間の知覚と体を、忘れてはいない。

透きとおった距離に息をして。

本当ですか、と問い続けて。

その一挙は、本当ですか。

その一瞥は、本当ですか。

その一息は、本当ですか。

その体はただそこにいるだけで、

一瞬一瞬、作り変えながら、

どこにも行き着くことはせず、

生きる過程を、動作の中途を、

贖い続けている。

そんな事、できはしないと知りながら。

いつだってそれはできると、

全く同時に確信しながら。

その目は、

日が登っていく事も、

日が落ちていく事も、知らない。

ただここだけにあり続ける存在に、

そこにあるどんなものも重なって、

何よりも速く、

何もする事ができず、

何にもならず、

何もかも受け取って、

静かに、

点となって、

柔らかく静止する。

be transparent

lie on top of the space

do not forget sense and physicality as a man

breathe at the clear distance

and keep questioning - is it true

is that stroke true

is that glance true

is that breath true

the figure just stands there

and reforms every second

without getting elsewhere

and keep atoning

for the process of life

for the midway of action

knowing that it is impossible to achieve

yet at the very same time

being convinced that it is possible at anytime

those eyes do not even know

that the sun rises and sets

whatever is there lies on top of

what stays just here

to be faster than anything else

to be capable of nothing

to become nothing else

to receive everything

be quiet

be a dot

and then

gently come to a stop


 
 
[象を撫でる Touching an Elephant] (2018/5)  photo by Hidetoshi Surikabe

[象を撫でる Touching an Elephant] (2018/5) photo by Hidetoshi Surikabe

 
 

[出演 Performance]

武本拓也 Takuya Takemoto

[照明 Lighting]

小駒豪 Go Ogoma

[呼吸 Breath]

中村ゆい Yui Nakamura

[音響 Sound Design]

大城真 Makoto Oshiro


[衣装 Costume Design]

中村ゆい Yui Nakamura

[デザイン Visual Design]

鈴木健太 Kenta Suzuki

[図版 Illustration]

吉原航平 Kohei Yoshihara

[翻訳 Translation]

井上知子 Tomoko Inoue



日時 Date and Time

2019.2.16(Sat.) 14:00 / 19:00

2019.2.17(Sun.) 14:00 / 19:00

開場は各回30分前

Doors open 30 minutes before each performance.


料金 Ticket

一般 General Audience

ご予約 Adv : ¥3,000

当日 Door : ¥3,500

TPAM参加者  TPAM Registrant

ご予約/当日 Adv/Door : ¥2,500


ご予約方法 Reservation

一般の方 General

ご予約フォームよりお申し込みください。

Please reserve on Mail form

TPAM参加者 TPAM Registrant

TPAM公式サイトよりお申し込みください。

Please reserve on TPAM official website

お問い合わせ Contact

takemoto.info@gmail.com

 
 

会場 Venue

The CAVE

〒231-0045

神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-3-1

 ISE BLDG B1F, 1-3-1, Isezakicho, Naka-ku,

Yokohama, Kanagawa, 231-0045 

 
 
 

武本拓也 Takuya Takemoto

 
profile.jpg

そこにいるとはどういう事なのか。その関心のもと、立つ/歩く/見るなどの最小限の動作のみでの上演に取り組んでいます。それは公演の為だけでなく、日々の行いとしてできるだけ毎日、同じ内容で繰り返し行っています。上演は生活の中のひとつの時間として、同じでありながら常に形を変え続け、その時の姿を現しています。

武蔵野美術大学映像学科卒業。美学校 実作講座「演劇 似て非なるもの」第4期修了。これまでのソロ公演に、「象を撫でる」(2018.5)、「あらわれる」(2017.12)など。また俳優として、悪魔のしるし、生西康典、芝崎健太、鈴木健太、関真奈美らの作品に出演・共同制作。


What does it mean to be? With this interest in mind, I work on the performance with minimal actions of standing, walking, and seeing. It is repeated with the same content almost every day not only for the presentation but also as a daily routine. The performance continuously changes its form and appears as a part of daily life.

Graduated from Musashino Art University Department of Imaging Arts & Sciences. Completed Bigakko's "ENGEKI Nite Hinaru Mono" course. Solo performances include Touching an Elephant (2018/5) and Emerging (2017/12). Collaboration as a performer includes projects by Akumanoshirushi, Yasunori Ikunishi, Kenta Shibasaki, Kenta Suzuki and Manami Seki.


 
 

一般予約フォーム

General Reservation