透明になりながら、場所に重なっていく。

人間の知覚と体を、忘れてはいない。

透きとおった距離に息をして。

本当ですか、と問い続けて。

その一挙は、本当ですか。

その一瞥は、本当ですか。

その一息は、本当ですか。

その体はただそこにいるだけで、

一瞬一瞬、作り変えながら、

どこにも行き着くことはせず、

生きる過程を、動作の中途を、

贖い続けている。

そんな事、できはしないと知りながら。

いつだってそれはできると、

全く同時に確信しながら。

その目は、

日が登っていく事も、

日が落ちていく事も、知らない。

ただここだけにあり続ける存在に、

そこにあるどんなものも重なって、

何よりも速く、

何もする事ができず、

何にもならず、

何もかも受け取って、

静かに、

点となって、

柔らかく静止する。


be transparent

lie on top of the space

do not forget sense and physicality as a man

breathe at the clear distance

and keep questioning - is it true

is that stroke true

is that glance true

is that breath true

the figure just stands there

and reforms every second

without getting elsewhere

and keep atoning

for the process of life

for the midway of action

knowing that it is impossible to achieve

yet at the very same time

being convinced that it is possible at anytime

those eyes do not even know

that the sun rises and sets

whatever is there lies on top of

what stays just here

to be faster than anything else

to be capable of nothing

to become nothing else

to receive everything

be quiet

be a dot

and then

gently come to a stop